日赤基金の財政

平成20年度 資産運用概況

日赤基金の平成20年度の資産運用概況について報告します。

運用実績

平成20年度の運用環境は、アメリカの証券会社の破たんから世界に広まった金融不安の影響により、国内外の株価が大きく下落したほか、円高の進行などで平成19年度より厳しい運用環境が続きました。こうした影響を受け当基金の平成20年度の運用利回りは、−19.16%と、2年連続でマイナス運用となりました。
なお、現在の運用環境は、世界各国で実施された緊急的な経済対策によって回復してきており、当基金の平成21年12月現在の運用利回りも11.11%となっております。今後も運用受託機関と連携して経済情勢の動向を注視しながら、効率的な資産運用に努めていくこととしております。

運用利回りの推移

運用利回りの推移

年金資産総額の推移

(単位:億円)

年度 平成4年
10月
(設立時)
5年度 6年度 7年度 8年度 9年度 10年度 11年度
金額 523 719 865 1,041 1,192 1,406 1,564 1,864
年度 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
金額 1,801 1,828 1,657 2,042 2,243 2,868 3,129 2,825
年度 20年度
金額 2,384

※年金資産総額は、年度末における信託資産(債券、株式)および保険資産の総額を表しています。

※「厚生年金基金財政運営基準」の変更に伴い、平成8年度以前は簿価額、平成9年度以降は時価評価額で表しています。

ページトップへ