日赤基金の財政

平成22年度 資産運用概況

日赤基金の平成22年度の資産運用概況について報告します。

運用実績

平成22年度は、年度初めのギリシャにおける財政危機に端を発した信用不安の表面化、円高の進行を受けて、内外株式及び外国債券を中心に第1四半期は大きく低迷しましたが、第2四半期以降は堅調な回復を示していました。しかしながら、平成23年3月に発生した東日本大震災の影響による国内株価の下落などから、再び運用が悪化した結果、年度通期では-2.72%の運用となりました。
現在、当基金では制度を長期的に維持するという観点から、平成24年4月からの新制度への移行を予定しております。新制度では、現行制度よりも運用リスクを抑制することによって、将来に向けて制度の安定を図ることとしております。

運用利回りの推移

平成22年度四半期毎の運用利回り

第1四半期 第2四半期 第3四半期 第4四半期
-8.84% 2.01% 2.78% 1.64%
H22年度通期
-2.72%

運用利回りの推移

年金資産総額の推移

(単位:億円)

年度 平成4年
10月
(設立時)
5年度 6年度 7年度 8年度 9年度 10年度 11年度
金額 523 719 865 1,041 1,192 1,406 1,564 1,864
年度 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
金額 1,801 1,828 1,657 2,042 2,243 2,868 3,129 2,825
年度 20年度 21年度 22年度
金額 2,384 2,864 2,890

※年金資産総額は、年度末における信託資産(債券、株式)および保険資産の総額を表しています。

※「厚生年金基金財政運営基準」の変更に伴い、平成8年度以前は簿価額、平成9年度以降は時価評価額で表しています。

過去の試算運用報告

年度 決算概況
平成21年度 資産運用概況
平成20年度 資産運用概況
平成19年度 資産運用概況
平成18年度 資産運用概況
平成17年度 資産運用概況
平成16年度 資産運用概況
ページトップへ